お知らせ

男女生き活き地域活動フォーラムを開催しました。

開催日時:平成29年10月28日(土)13時00分~16時00分
開催場所:とちぎ男女共同参画センター ホール
参加者数:85名

 

地域における男女共同参画推進活動の活発化を図るため、「男女生き活き地域活動フォーラム」を開催しました。

 

まず、今年度創設された男女生き活き地域活動表彰の表彰式が行われ、栃木県県民生活部長から優秀賞受賞者4名へ表彰状の授与が行われました。
その後、優秀賞を受賞した事例について、発表や報告がありました。

 

パネルディスカッションでは、地域で活動を実践している坂田氏・永島氏の活動報告の後、コーディネーターの石井准教授の進行のもと、まさにこれから活動に取り組もうとする岡本氏の疑問に、坂田氏・永島氏が回答するという形で進められました。

コーディネーターの石井氏は舞台下に降りて、参加者からも意見を聞くなど、会場が一体となったパネルディスカッションとなりました。

 

交流会では、表彰受賞者、コーディネーター、パネラーも交え、自由に話し合い、とても盛り上がった様子を見せていました。

 

参加者からは、「自分にできることから始めていきたい」「様々な方法で同じ問題に取り組んでいることを知り、自分の活動にいかしたい」との感想が聞かれました。

プログラム

男女生き活き地域活動表彰 表彰式

(1)表彰式

  優秀賞

   ・出前紙芝居(蔵の町子ファミリー)

   ・朗読劇(栃木県男女共同参画地域推進員日光市連絡会)

   ・子育て支援、親支援(となりのグランマ)

   ・男女共同参画の視点で取り組む防災ハンドブック配布(渡邉 能辰 氏)

   受賞事例の詳細はこちら

(2)主催者あいさつ:栃木県県民生活部長

 

▼表彰式

左から

蔵の町子ファミリー

栃木県男女共同参画地域推進員日光市連絡会

和田 裕二 栃木県県民生活部長

となりのグランマ

渡邉 能辰 氏

男女生き活き地域活動表彰 受賞事例発表

(1)蔵の町子ファミリー

  出前紙芝居「もの忘れ?認知症・・・」

(2)渡辺 能辰 氏 

  「男女共同参画の視点で取り組む防災ハンドブック配布」活動報告

(3)栃木県男女共同参画地域推進員日光市連絡会

  朗読劇「マタハラ・パタハラは少子化に影響する」

 

▼受賞事例発表(1)蔵の町子ファミリー

▼受賞事例発表(2)渡邉 能辰 氏

▼受賞事例発表(3)栃木県男女共同参画地域推進員日光市連絡会

パネルディスカッション「毎日の暮らしの先にある地域活動を私たちが盛り上げよう」

 コーディネーター:

  石井 大一朗 氏(宇都宮大学地域デザイン科学部准教授)

 パネラー:

  坂田 恵 氏(となりのグランマ(男女生き活き地域活動受賞団体)理事)

  永島 朋子 氏(特定非営利活動法人いちかい子育てネット羽ばたき 副理事長)

  岡本 美智子 氏(平成29年度とちぎウーマン応援塾受講生)

 

▼パネルディスカッション

左から

石井 大一朗 氏、坂田 恵 氏、永島 朋子 氏、岡本 美智子 氏

交流会

 

▼交流会