ONE-UP!WOMANインタビュー

ステップアップには変化が不可欠! “自分改革”で新たな道を切り開く

CAFE & RENTAL MAKEUP ROOM Charilu -しゃりる-
塚本恵梨さん(Release.2019.02)

プロフィール

■お名前:塚本恵梨さん ■年齢:29歳 ■血液型:O型

経歴

2007年 テイ・エス テック株式会社に入社 技術者として勤務
2015年 テイ・エス テック株式会社を退社 飲食業界へ転職
2016年 IFC調理師専門学校に入学
2017年 学校卒業後、パルティにて「チャレンジショップ」に出店
2017年12月 現在の場所に店をオープン

座右の銘

常に変化

 

「好きなことがしたい」と一念発起し、会社員から飲食店のオーナーへ転身

現在のお仕事内容を教えてください。

2017年に「CAFE & RENTAL MAKEUP ROOM Charilu -しゃりる-」をオープンし、お店の経営をはじめ、接客、メニューの考案、調理、すべて一人で行っています。

お店のコンセプトやこだわりは何ですか?

「内も外も美しく」をコンセプトに、体のことを考えたヘルシーな食事やドリンクを提供しています。油を使いすぎずできるだけ天然素材を使い、風邪予防、冷え、美肌など、どのような効果が期待できるかもメニューに併記しました。店名の「シャリル」はフランス語のcharité(シャリテ/チャリティーの意)が由来。この言葉は博愛や慈悲、人に対してやさしくなれる心、という意味なんです。「る」は“ごゆるりと”という語源から。のんびり癒される空間づくりを目指し、心も身体も美しく豊かになることで周りに愛を注げる人を増やしたいと思っています。

なぜお店を開こうと思ったのですか?

私は地元が静岡県浜松市で、新卒で入社した会社で8年間、自動車開発の仕事をしていました。その頃から漠然と「自分で何かしたい、自分の場所を持ちたい」と思っていたんです。2014年に栃木に転勤になり、業務もさらにハードになる中でその思いは日に日に増していきました。そして「好きなことで仕事がしたい」と決心し、翌年に会社を辞めたんです。

異業種から飲食店のオーナーを目指したんですね。思い切った決断ですね…!

そうですね(笑)。優良企業と言われている会社だったし、「女性の技術者は重宝されるのにもったいない!」と、周りからも説得されました。でもそこは絶対に譲れなかったんです。自分の世界を広げたい、という思いの方が強かったですね。

 

お店といってもジャンルはいろいろですが、なぜ飲食店を選んだのでしょうか?

私、食べることが大好きなんです! 両親がよく外食に連れて行ってくれた影響が大きいと思います。勤めていた会社は機密事項が多く、常に閉ざされていた環境だったので社員食堂での食事が一番の幸せでした(笑)。今もおいしいお店があると聞けばよく出かけています。

実際にお店をオープンするにあたり、どのような努力をされましたか?

まず会社を辞めてから飲食業界に転職し、短い期間でしたが商品開発などの仕事に就きました。そこでメニューづくりや商品の仕入れについて一から学んだんです。実際に飲食業を経験した上で「やっぱり自分一人で挑戦してみたい!」と思い、IFC調理師専門学校に入学しました。

そのバイタリティーに驚きです! 店内に複数の表彰状が飾られていますが、いろいろな実績を残されたんですね。

専門学校に通っていた一年間は仕事をせず、学業に専念しました。調理師免許のほかに“食育マイスター”と“とちぎフードマイスター”の資格も取得したんです。また、一般社団法人ブルガリアンローズ文化協会が主催する料理・製菓のコンテスト「第6回ローズウォーターレシピアワード」で銅賞を、学校の卒業制作では学校長賞をいただき、貴重な経験ができたと思っています。

 

 

女性活躍推進を目的とした「チャレンジショップ」で最初の店をオープン

最初は「チャレンジショップ」を活用して出店されたそうですが、どのような制度なのでしょうか?

パルティとちぎ男女共同参画センターが女性活躍推進の一環として行っている支援事業です。商品の販売やカフェ・レストラン経営などの起業を目指す女性が対象で、同センター内で3カ月間、自分の店を出店できるんです。経営について学ぶため商工会議所で紹介された起業セミナーや起業塾などに参加していた時に、実際に出店経験がある方とお会いしたんです。現場の写真を見せてもらったらロケーションが素敵で一目惚れをして。「私もやってみたい! このチャンスを生かさなきゃ」と思い、平成29年度のチャレンジショップに応募しました。

どのような審査があるのですか?

具体的な経営方針を示すため、お店のコンセプトや収支計画書、事業計画書などの資料を提出しました。今までずっと理系の仕事をしていたので、その経験を活かせたと思います。

「チャレンジショップ」は、どのようなメリットがあるのですか?

出店料が低コストなのに加え、月に一度、税理士や中小企業診断士など専門家のアドバイスが受けられるんです。あと何よりも心強かったのは、お客様以外に自分のことを気にかけてくださるスタッフの方々の存在でした。初めての経験で失敗もありましたが、その都度皆さんが助けてくれました。またセンターにはセミナー講師などさまざまな方がいらっしゃるので、私にとって必要な方をご紹介していただけたことも。その時の経験、人との出会いが大きな財産になっているので、挑戦して本当に良かったと思っています。最終日にはお世話になった方が来てくださり、料理と昔から続けているフルートの演奏で最後のおもてなしをしました。

 

 

訪れた人たちの心をほぐし、やさしさが循環していく空間をつくりたい

店内の雰囲気がとても素敵ですね! 可愛い猫ちゃんも出迎えてくれて癒されます。

ありがとうございます。この子たちも看板猫として活躍してくれています(笑)。インテリアはアンティークとお花、真鍮(しんちゅう)の素材が好きでこの内装になりました。壁は自分で壁紙を貼ったり、店の雰囲気に合う小物を集めたり、できることは何でもやりました。

実際にお店を開いてみて、大変だったことはありますか?

スケジュール通りに進まなかったことですね。経費を最小限に抑えるため内装用の建築資材も自分で購入したのですが、取り付け工事を引き受けてくださる業者の方を探すのに苦労し、さらに施工が間に合わずオープン日が少し遅れてしまって…。一人で何かを始めるのは大変だと、改めて実感しました。

 

▲念願だった自分の店をオープン。11/30にレセプションパーティーも開催

どんな時にやりがいを感じますか?

来てくださった方が「素敵な空間だね」と言ってくださった時や、料理を褒められた時ですね。今までやってきて本当に良かったなと思います。

仕事をする上で、大切にしていることはなんですか?

良い意味で変化していくことです! 自分が成長できそうだと感じたら、すぐに行動する。現状に満足するとそこで成長が止まってしまうので、褒めていただいても“自分改革”を怠らないようにしています。開発の仕事の時も社内の業務改善を率先して行っていました。それを評価してくれる人、そうでない人もいましたが、女性のチームで提案した事では社内保育所の設置や女性管理者向けのセミナーなども実現しました。どんな時も変化を心がけてきた経験が、現在にも繋がっています。

本当に素晴らしい行動力で感心してしまいます! 変化することに不安はないですか?

地元にいた時は親も友達もいたし、甘えられる場所がたくさんあったので今より行動力は低かったと思います。でも栃木では自分が動かないと誰にも出会えないし、何も変わらない。なので、変化すること自体にためらいはないですね。不安は多少あっても行動に移してしまいます。

2年目を迎えられたそうですが、新たに始めた取り組みはありますか?

新たな試みで昼のランチは予約制、夜はカフェ&バーに営業形態を変え、昼間はレンタルスペースとしてもご利用いただけるようになりました。奥には高級パウダールームをイメージしたメイクアップルームもあり、非日常空間でお姫様気分も楽しめます! 忙しい女性の方にとって、仕事とプライベートを切り替えるきっかけ作りの場になればうれしいです。

今後の展望について聞かせてください。

来てくださった方が明るく前向きになれるお店を目指しています。自分の気持ちに余裕がない時は、人にもやさしくできないものです。当店の食事や接客で癒され、帰っていく時にまた誰かにやさしくできるような好循環が生まれる空間をつくりたいです。大きくいえば、世界平和(笑)。夢かもしれないけど、そんな社会の役割の一部になれたらいいなと思うんです。

 

 

心配事に費やす時間は後回し! “身近な一歩”が未来を創る

夢や目標に向かって一歩踏み出したいと思っている女性の方にメッセージをお願いします。

私自身も、夢があるのに踏み出せない時期がありました。でも難しく考えている時間って無意味なんですよね。未来が見えないからこそ不安は生まれます。大切なのは、見ること、聞くこと、世界を知ること。大きなことでなくてもいいんです。手元にある携帯でいいので、好きなことや興味のあることについて情報を取ってみてください。そうすれば「自分にもできるかも…」という自信が少しずつ生まれます。何かを始める時はジェット機のように爆発的なエネルギーが必要なので、不安なことではなく、エネルギーが満タンになるために時間を費やしてほしいです。万が一失敗しても、軌道修正はいつでもできます。“身近な一歩”を踏み出して、いつでも出発できるように準備してみてください!

 

 

仲間からの証言!!

株式会社ムスム
代表取締役 菊池 芳子さん

恵梨ちゃんとは、知人を介したパーティーで知り合いました。私も独立したのが27、8歳のころだったので当時の自分と重なるところもあり、いつも応援しています。見た目は可愛らしく、一見おっとりしているので「守ってあげたい」と思うのですが、根はとてもしっかりしているんです。信念を持って仕事に励み、マイナスな発言や愚痴もなく、いつも前向きに今後やりたいことについて話してくれます。大きな夢を見せてくれるので私自身もワクワクしますね。お店のオープンも、今か今かと心待ちにしていました。
私も事業を立ち上げてみて思うのですが、仕事とは一期一会で、人から人へと支え合いながら関係性が深まっていきます。人と長く繋がるには感謝の気持ちが大切。特に女性は心から美しくないと、どんどんメッキが剥がれていきます。その点、恵梨ちゃんは非常に素直で、本音をぶつけてもきちんと理解し、修正力も高いんです。失敗してもへこたれず、何事も最後までやり遂げられる人だと思います。これから何をしても成功するんじゃないでしょうか! 今後のさらなる飛躍を楽しみにしています。

ウーマンズデータ

マイブーム

ミシュランガイドに掲載されたお店で食事をすること

都内の三つ星フレンチレストランは、すべて制覇しました! ミシュランガイドのお店の料理や店内の雰囲気は勉強になることも多いので、良いところは自分の店にも取り入れています。

休日の過ごし方

東京までお出かけ

暇さえあれば東京に出かけています(笑)。今週末も東京に行く予定です!

リフレッシュ

映画を観て思いきり泣く

主に洋画の恋愛映画が多いですね。泣くと気持ちがスッキリして、浄化されるような気がするんです。

ある日のタイムスケジュール

ランチの予約が入った時は大忙し!

 

好きな料理

牡蠣を使ったメニュー

とにかく牡蠣が大好きなんです! お店に入って牡蠣メニューがあれば必ず注文します。店のメニューにも取り入れていますよ。

One-up!message

とちぎウーマンナビでは、記事に対するご意見・ご感想を募集中。とちぎで活躍する女性たちに、ぜひあなたの応援メッセージをお届けください。

COMPANY DATA

CAFE & RENTAL MAKEUP ROOM Charilu -しゃりる-

〒321-0954 栃木県宇都宮市元今泉1-10-12
TEL.070-1562-1107

CAFE & RENTAL MAKEUP ROOM Charilu -しゃりる-